• english
  • japanese
22
4月
2014

「サステナブルなイベントの作り方(その2)~ロンドンオリンピック・パラリンピックでの事例から学ぶ~」を開催いたします。

ロンドンオリンピック・パラリンピックは、招致・準備段階・実施、そして、実施後にまでわたる、すべての段階においてサステナビリティの概念を包括的に取り入れ、その取り組みを具体化させた初のオリンピック・パラリンピック大会でした。 大会実行委員会は、サステナビリティに関連するポリシーやプランを策定し、数多くの人々がその実現のために力を尽くしました。 このセミ...
05
4月
2014

メディア掲載

当会関連のメディア掲載記事をご紹介します。 生産性新聞 2014年4月5日付 「企...
18
3月
2014

「サステナブルなイベントの作り方(その1)~ロンドンオリンピック・パラリンピックでの事例から学ぶ~」を開催いたします。

ロンドンオリンピック・パラリンピックは、招致・準備段階・実施そして、実施後にまでわたる、すべての段階においてサステナビリティの概念を包括的に取り入れ、その取り組みを具体化させた初のオリンピック・パラリンピック大会でした。 大会実行委員会は、サステナビリティに関連するポリシーやプランを策定し、数多くの人々がその実現のために力を尽くしました。 このセミナーでは、サステナブルなオリ...
10
3月
2014

「GRI G4実践編: 2014年度以降のあるべきCSR報告書」を開催いたします。

CRT日本委員会は来る3月10日(月)に、【GRI G4実践編】2014年度以降のあるべきCSR報告書についてを開催します。 GRI G4に沿ったCSR報告書を作成するためにはどうすればいいのだろうか・・・? 多くのCSR担当者の方がこのような悩みを抱えられていると思います。 実際に、当会に対しても様々な方々からお問い合わせやご相談をいただく機会が増えてきました。当会では、昨年12月よりGRI公認の研修プログラムである『GRIG4 Certified Training Course』を開催していますが、より実践的な内容の研修...
19
2月
2014

【GRI認定G4研修受講者限定】「GRI G4実践編: 2014年度以降のあるべきCSR報告書」 を開催いたします。

CRT日本委員会は来る2月19日(水)に、GRI G4 Certified Training Course受講者限定プログラム【GRI G4実践編】2014年度以降のあるべきCSR報告書についてを開催します。 GRI G4に沿ったCSR報告書を作成するためにはどうすればいいのだろうか・・・? GRI G4に沿ったCSR報告書を作成するためにはどうすればいいのだろうか・・・? 多くのCSR担当者の方がこのような悩みを抱えられていると思います。 実際に、当会に対しても様々な方々からお問い合わせ...
18
2月
2014

人権デューディリジェンスワークショップの取り組みを ビジネスと人権に関するグローバル団体が紹介

2014年2月18日 経済人コー円卓会議日本委員会 特定非営利活動法人経済人コー円卓会議日本委員会(CRT日本委員会)が主催する、人権デューディリジェンスワークショップについて、ロンドン及びニューヨークに拠点を持ち、ビジネスと人権についてグローバルに情報収集・発信を行っている非営利団体である、“Bu...
01
2月
2014

「Sedexを活用するメリット ~サプライチェーンCSR情報プラットフォームの紹介~」

2014年1月28日に開催しましたSedexとCRT日本委員会の共催セミナー「Sedexを活用するメリット~サプライチェーンCSR情報プラットフォームの紹介~」は、23社29名の皆さまにご参加いただき、盛会に終了しました。ありがとうございました。 冒頭、CRT日本委員会より、サプライチェーンCSRにおける近年の変化やその背景、グローバル企業がサプライチェーンC...
06
1月
2014

CRT日本委員会/ Sedex共催セミナー「Sedexを活用するメリット~サプライチェーンCSR情報プラットフォームの紹介~」を開催いたします。

CRT日本委員会はSedex Groupと共催でCSRセミナー「Sedexを活用するメリット~サプライチェーンCSR情報プラットフォームの紹介~を開催いたします。 企業の調達活動がグローバル化し、サプライチェーンが複雑化する中、社会的課題(人権、労働、環境、コンプライアンス等)がリスクと して事業運営を不確実なものにしています。 企業はこれらのいわゆるCSRリスクをマネジメントすることで、事業継続に対するマイナスの影響を排除しなければなりません。 しかし、ヒト、モノ...